週刊誌でも絶賛の三連単予想-当千










競馬予想陣


的中実績・最高配当


予想内容の詳細


無料会員登録


当千-ご利用規約


3連単情報なら当千









  ⇒ トップページに戻る


  試せば分かる!的中率と回収率の凄さ
 
  ●予想情報についての詳細
 
  「競馬で一発当てた」という人は少なからずいる。
  しかし、「競馬で毎週勝っている」という人は極端に少ない。

  そもそも、簡単に馬券が当たり、面白いように稼げるなら、
  皆、仕事など辞めて馬券師になっているだろう。

  当然ながら、現実はそんなにうまくは行かず、
  素人予想で毎週勝てるほど、競馬は甘いものではない。

  そんな中、当千≠ヘ、最も当てるのが難しいとされる3連単で
  毎週、好配当を連続的中させている。

  皆さんも無料で情報を取り寄せれば分かるが、
  「どうしてこんなに当たるのか」 不思議に感じるはずだ。

  当千≠ヘ、「馬券を当てる ・ そして稼ぐ」 ことのプロである。
  そして、その秘訣は 「分析力」「人」 にある。

  『−競馬で勝つ−』 
 
  つまり、馬券の攻略には、「データ分析」が必要不可欠になる。
  分析の結果得られた「傾向と対策」がある≠フとない≠フとでは、
  最終的な収支に、大きな差が生じてくる。

  しかし、この「データ分析」は細かくすればするほど、
  膨大なデータを処理しなければならなくなる。

  ・1番人気馬の勝率は何%なのか
  ・全体の勝率は分かったが、同馬の単勝オッズが2.5倍の時の勝率は何%なのか
  ・その時、2番人気馬とのオッズ差が大きければ、勝率は上がるのか
  ・2番人気馬だけでなく、3番人気馬とのオッズ差も勝率に関係があるのか
  ・1番人気馬が勝ったレースで穴を開ける馬はいるのか、また、何番人気なのか


  簡単に 「1番人気馬の単勝オッズが2.5倍の時」 を例にしてみたが、
  オッズや比較する馬など 「判断基準を増やせば増やすほど」、
  処理するデータ量がドンドン増えていく様子が分かるだろう。

  「よし!」 と気合を入れ、こうしたデータ分析を、個人的に行うことは不可能ではない。
  が、仕事で疲れた帰ってきた日などは、途中で面倒になることもあるだろうし、
  多くの人が三日坊主≠ナ終わるのが関の山だろう。

  その点、当千には、強力な 「データ解析班」 がいる。
  選任のスタッフが毎週の結果を集計し、細部まで分析している。

  特に力を入れているのが、「なぜ、そういう結果になったのか」 の部分である。
  例えば、12番人気の馬が2着に入ったレースなら、
  「なぜ、同馬が2着に入れたのか」 の理由を、徹底して見つけ出す。

  そして、そこで探し出した理由≠次回の勝負に活かし、
  確実に勝利をつかみ取る。だから、当千の成績は安定しているのである。

  しかしながら、データ分析だけでは、完璧≠ノは到達できない。
  なぜなら、実際のレースでは、いくつもの条件が複雑に絡み合ってくるからである。

  そこで、必要になるのが、「条件や状況を判断する力」
  すなわち、判断する 「人」 の力が、重要になってくるのである。


  ●当千が誇る予想陣

  結論から言えば、当千の予想陣は超強力である。
  元競馬新聞のトラックマンをはじめ、元厩務員や元調教助手など、
 その道のプロ≠ェ多数所属している。

  また、当千のデータ解析班を経て、選任予想家となった者も3名いる。
  もちろん、各々に得意分野があるが、最終的な予想は全員で決める。
  そこに妥協は一切ない。

  そうして、選ばれた狙える馬は、以下のような形で皆さんに届けられる。
  ≪軸 5≫ ・ ≪相手 2 ・ 11≫ ・ ≪3番手 6 ・ 7 ・ 14≫

  そして、この場合の買い目は、以下のようになる。
   2−5−6(マルチで6点)、2−5−7(マルチで6点)、2−5−14(マルチで6点)
   5−6−11(マルチで6点)、5−7−11(マルチで6点)、5−11−14(マルチで6点)


  皆さんは、上記のように 「軸−相手−3番手」 の組み合わせを購入すれば良いだけ。
  この形で情報が届けば、誰がみても迷わないことが分かっていただけただろう。

  そして、この情報が、面白いようにズバズバと当たる。
  「夢なのでは?」 と、誰もが驚いてしまうほど当たる。
  ただ、問題なのは 「皆さんがその買い目を、信じて買えるか」 である。

  新聞でも全くの無印。 前走・前々走も2ケタ着順。
  普通に考えると買えない馬≠ェ、当千の予想では5番手評価の場合もある。

  むろん、先にも書いたように、当千では緻密なデータ分析を行っており、
  人気薄の馬を狙える≠ニ評価しているのには、それなりの理由や根拠がある。

  その証拠に、これまでにも、誰もがノーマークだった馬を指名して、
  特大の万馬券を いくどとなく 的中させている。

  そこで、皆さんが自信を持って情報通りに馬券を買えるように、
  過去の的中実績を少し紹介しておこう。


  ●的中実績と最高配当

  最新の的中結果は、ランキングサイトやブログなどで公開しているため、
  ここでは 「どのような配当が、どんな形で的中するのか」 について説明するが、
  例を上げるなら、以下のような形になる。

   2011年5月29日(日) 3回東京4日  8R 青嵐賞  芝2400m
   1着 3番 ピエナファンタスト  N.ピンナ     10番人気
   2着 12番 マナクーラ      C.ウィリアムズ  1番人気    結果    3−12−11
   3着 11番 スズカゲイル     L.デットーリ   2番人気    3連単配当 166,000円


  上記は、オルフェーヴルがダービーを勝った日の第8レースの結果である。
  当千はこのレースを的中させたが、そのポイントは2つある。

  まず一つ目は、見てのとおり、外国人騎手が上位を独占していること。
  2着と3着の馬は1番人気・2番人気なので、普通に考えても狙えるが、
  1着の10番人気馬も外国人騎手を起用し、勝負気配が漂っていた。

  さらに、このピエナファンタストという馬は乗り替わり≠ノ強く、
  おまけに重馬場適性があった。(当日は不良馬場)

  当千では、その点を見逃さず、この10番人気馬を3番手候補の1頭に指名。
  16万円馬券を見事にヒットさせた。

  また、このような的中例もある。

   2011年6月26日(日) 4回阪神4日  1R 3歳牝馬 未勝利  ダート1800m
   1着 8番 アフォリズム       川田将雅  4番人気
   2着 1番 ブラックアテナ      岩田康誠  1番人気    結果    8−1−14
   3着 14番 サンレイプレシャス  岩崎祐己  7番人気    3連単配当 68,680円


  このレースは2着に来たブラックアテナに人気が集中し、単勝オッズは1.5倍。
  俗に言う一本カブリ≠フ状況だったが、2番人気と3番人気の馬がピリっとしない。

  そこで、相手候補には1着に来たアフォリズムを指名。
  3着に3番手候補の1頭だったサンレイプレシャスが入り、馬券は的中した。

  結果的にみると、4番人気−1番人気−7番人気であり、穴馬は絡んでいない。
  普通に予想して的中させた人も大勢いると思うが、あえて例としてあげたのは、
  予想が簡単なわりに、配当が高かったからである。

  通常、単勝が1.5倍の馬がいる場合、その馬を絡めた馬券は配当が凄く下がる。
  しかし、このレースの3連単の配当は、68,680円。仮に100円づつの48点買いで
  当てたとしても、63,880円の利益がでたことになる。(68,680円−4,800円=63,880円)

  わずか4,800円の投資で6万円を超える利益。これが3連単狙いの醍醐味であろう。

  上の2例は穴馬や伏兵馬が絡んだパターンだが、手堅い配当をあえて狙うケースもある。

   2011年7月10日(日) 4回京都4日  7R 3歳 未勝利  芝2000m
   1着 5番 コスモディセント       北村友一  3番人気
   2着 16番 アドマイヤネアルコ    岩田康誠  2番人気    結果    5−16−4
   3着 4番 スマートリバティー     太宰啓介  4番人気    3連単配当 13,030円


  見ての通り、2・3・4番人気で決着しており、配当は手堅く13,030円。
  ちなみに、このレースの4着は1番人気で、その馬との組み合わせも
  押さえていたので、何が来ても的中したレースだった。

  3連単の配当が常に高配当なら良いのだが、皆さんもご存知の通り、
  手堅い決着の場合、3000円、5000円など4ケタ配当であることも多い。

  そのことは過去のレース結果を見れば一目瞭然で、よほど荒れた日以外は
  1万円〜3万円台の配当が最もよく出現している。

  常に波乱を前提とした穴馬券ばかり買っていると、そうしたレースは全てハズレ。
  その状況では収益性が安定しなくなってしまう。

  つまり、大事なのは、『手堅いレースは手堅い馬券』、『荒れるレースは穴馬券』と
  狙いを変えながら、的中率と回収率のバランスを保つことなのである。
  
  当千が配信している情報は、まさに適材適所≠フ予想。
  レースの波乱度も確実に見極めているので、こんな配当も的中できる。

   ◆年別最高配当
   2012年度  4月29日(日)  3回京都4日 11R  1-16-11  1,452,520円
   2013年度  9月1日(日)  2回小倉12日 6R  17-2-3   2,113,670円
   2014年度  11月2日(日)  4回京都9日 11R  10-7-1  1,769,260円


  『手堅い配当をきっちりとモノにしながら、100万円を超える高額配当も獲る。』
  これが、当千がもっとも得意とする勝ちパターン≠ナある。

  強力なデータ分析力  そして  信頼できる予想陣

  この2つが合い重なって繰り出す予想には、絶対の自信がある。
  だからこそ、当千の予想情報は無料で試せるのだ。

  「聞いてみたいが、なんとなく躊躇する」 などと、気後れする気持ちも分からなくはない。
  が、今週土日に 「10万円を越える馬券が4発以上」 的中する可能性も、充分にある。

  『一日でも早く、競馬で稼げるようになりたい』 のなら、迷っている暇はない
  この機会に 「今すぐ無料お試しを申し込むべきだ」 と、強くお奨めしたい。


  ⇒ 当千の無料お試し会員に登録する




  ⇒ トップページに戻る